カテゴリー別アーカイブ: 体のこと色々

春の体験会「内臓調整」

先日は『春の体験会』を実施しました!!
無料体験会です☆

今回のテーマは内臓調整でした!!
治療でもリラクゼーションでもエステでも
必ず必要不可欠な内臓調整!!
なぜ内臓調整が必要なのか?
トリガーポイントとは?
など色んなこともお話させて頂きました(°▽°)

すぐ帰って実践できる内容です!
実際、わたしが現場で使っている施術を
お伝えしました!

内臓調整をするだけで
身体の可動域が変わったり
参加者の方々も体感して驚いていました。



参加してくださったみなさま、ありがとうございました(*⁰▿⁰*)

ウェルネス福岡は随時、資料請求・各コースの受講を受け付けております。
興味のある方は、お気軽にお問合せください。
お問合せ・資料請求はこちらから
お電話はこちらまで!
0120-292-277
受付時間:10:00〜22:00(祝休み)

ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 ぎっくり腰の治療はこちらから
ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 腰痛の治療はこちらから

内臓調整で生理が来た!!

今日は生徒さんの登場です!!
この生徒さんから
入学して2回目の授業のときに
嬉しい報告を受けました〜!!
半年間、生理が止まっていた生徒さん。
授業でやった施術(内臓調整)で
半年ぶりに生理が来そうです!!
ウェルネス福岡での授業は
お互いに施術し合い体感することが
大事だと思っています。
嬉しい報告を受けてご本人もですが
他の生徒さんも、わたしも嬉しくなりました!
生徒さん達は卒業するころには
身体も心も健康になっている方が多いです。
身体は変化します。それを体感して学んでほしいです。

ウェルネス福岡は随時、資料請求・各コースの受講を受け付けております。
興味のある方は、お気軽にお問合せください。
お問合せ・資料請求はこちらから
お電話はこちらまで!
0120-292-277
受付時間:10:00〜22:00(祝休み)

ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 ぎっくり腰の治療はこちらから
ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 腰痛の治療はこちらから

福岡で坐骨神経痛の治療を受けるなら「ラムサ福岡」|治療法を学ぶなら「ウェルネス福岡」で!

福岡で腰痛治療学ぶなら「ウェルネス福岡」で!
こんにちは。セラピスト養成スクール「ウェルネス福岡」兼、整体院「ラムサ福岡」の阿部です。
皆さんの中には、「坐骨神経痛」という用語を聞かれた事のある方も多いのではないでしょうか?
症状は、お尻から太ももの横、裏側、ふくらはぎにかけての痛み。
整形外科や病院では、このような症状は一般的に「坐骨神経痛」として診断を受けますが、なかなか思うように改善しないことが多いのが現状です。

では、なぜ「坐骨神経痛」は改善しないのか?私たちは、その答えを知っています

先日、「ラムサ福岡」に初めて来院されたある患者様が、10年程前に「ヘルニアからくる坐骨神経痛」という診断を受けて以来ずっとどんな病院を廻っても改善されない痛みに悩まされていらっしゃいました。
しかし、「ラムサ福岡」代表の田中によるたった一回施術で、これまでにない改善がみられた!と大喜びしてくださいました。
つまり、これまで数々の病院で受けた診断は「誤診」で、適切な治療を受けられていなかったのです。

ではなぜ、「ラムサ福岡」のたった一回施術改善できたのか?
ちょっとびっくりすることを言いますね。

坐骨神経痛」なんてものは存在しない、というのが私たちの考えです。

世界的な生理学者である熊澤孝朗先生の著書には、
神経線維は通常、その末端にある受容器から信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりする(=痛み信号が出る)ようなことはありません。
との記述があります。
つまり、神経が原因となる痛み、神経痛なんてものは存在しない!という見解です。私たちは、この考えに賛同しています。

おそらく他の病院では、お尻から太ももの横、裏側、ふくらはぎにかけての痛み神経痛」が原因と説明をされ、湿布などを処方されておしまいのところも多いのではないでしょうか。

しかし私たちは、ほとんどの痛みや不調は「神経痛」が原因ではなく、トリガーポイント(しこり)」が原因だと確信しています。

つまり、この「トリガーポイント」を治療することによって、「坐骨神経痛」と診断される「お尻から太ももの横、裏側、ふくらはぎにかけての痛み」を、改善することができるのです。

この「トリガーポイント」、いったい何なのか?
慢性的に痛みがある方は、身体のあちこちに見られる硬いしこりを押すと響くような痛みを出すポイントがあることをご存じだと思います。トリガーポイントには診断基準がありますが、大まかに言うと、このしこりがトリガーポイントです。
このしこりを見つけ、それを弛める事が痛みの緩和に繋がるのです。
福岡で坐骨神経痛の治療を受けるなら「ラムサ福岡」|治療法を学ぶなら「ウェルネス福岡」で!
例えば太ももの横や裏から、足首まで痛みや痺れ感が拡がっているような場合(赤い部分)、×印が弛めるべきトリガーポイントです。
※イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用

この治療法は、テレビ朝日系列で放送されている『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』でも紹介されたことがあり、近年注目されています。
<詳しくはこちらの記事へ!>

◎「ラムサ福岡」では、この「トリガーポイント」の治療法により、他の病院では改善されなかった痛み・不定愁訴解決します。お悩みの方は是非一度、ご来院ください。
ラムサ福岡のHPはこちら!>

どんな治療院を廻っても改善しない痛みに苦しんでいる患者様は、是非一度ご来院くださり、適切な治療法による改善を体感していただきたいと私たちは願っています。
福岡で坐骨神経痛の治療を受けるなら「ラムサ福岡」|治療法を学ぶなら「ウェルネス福岡」で!
トリガーポイント研究所直営施設「ラムサ福岡」代表:田中
(セラピスト養成スクール「ウェルネス福岡」代表兼任)
お問合せはこちらまで!<092−674−2633>
受付時間:10:00〜22:00(祝休み)
ラムサ福岡HP:http://ramthafukuoka.jimdo.com/
トリガーポイント研究所HP:http://trigger110.net

◎そしてこの「トリガーポイント」の治療法を学べる九州で唯一スクール、「ウェルネス福岡」。

正しい知識・適切なスキルを身につけ、「痛み治療」のプロを目指すなら。「トリガーポイント」の理論と技術が学べる、私たち「ウェルネス福岡」でこそ、貴方の夢を実現させられると断言できます。

・「トリガーポイント」に初めて触れる方向けのコース
「トリガーポイントセラピストベーシックコース」の詳細はこちら!
痛み治療プロフェッショナルを目指す方向けのコース
「トリガーポイントセラピストアドバンスコース」の詳細はこちら!

・お仕事の忙しい方や、まずは単発でレッスンを受けてみたい方向けには、1day又は2dayだけの短期集中、「トリガーポイント」の知識を取り入れた「腰痛治療」のスキルを学べるレッスンもご用意しています。
「腰痛治療講座」の詳細はこちら!
福岡で坐骨神経痛の治療を受けるなら「ラムサ福岡」|治療法を学ぶなら「ウェルネス福岡」で!

ウェルネス福岡は随時、資料請求・各コースの受講を受け付けております。
興味のある方は、お気軽にお問合せください。
お問合せ・資料請求はこちらから
お電話はこちらまで!<0120−292−277>
受付時間:10:00〜22:00(祝休み)

ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 ぎっくり腰の治療はこちらから
ウェルネス福岡 直営 ラムサ福岡 腰痛の治療はこちらから

ビートたけしの「みんなの家庭の医学」でも紹介された、痛み治療の手法【トリガーポイント】。福岡で学べる唯一のスクールが、ウェルネス福岡です!

こんにちは、ウェルネス福岡の阿部です。
皆さんは、テレビ朝日系列で放送されている『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』という番組をご存知ですか?
ビートたけしが司会ということで、一度でも目にした事のある方は多いと思います。

2013年11月5日放送の回では、痛み治療の手法「トリガーポイント」が取り上げられ、長引く慢性痛の改善に効くことで話題になりました。
放送内容の詳細はこちら!
この「トリガーポイント」の技術を学べるスクールはなんと、日本中探してもたったの数ヶ所しかありません。
その1つ、福岡唯一学べる場所がこのウェルネス福岡
皆さん、驚かれましたか?笑
ウェルネス福岡が提供する技術は、とっても貴重で、全国どこでも身につけられるものではないのです。
その為、トリガーポイントコースの受講生は福岡の方のみならず、九州の各県から数時間かけて来てくださっている方も多数いらっしゃいます!授業風景はこんな感じです♪

ビートたけしの「みんなの家庭の医学」でも紹介された、痛み治療の手法【トリガーポイント】。福岡で学べる唯一のスクールが、ウェルネス福岡です!

「トリガーポイント」に初めて触れる方向けのコース!
「トリガーポイントセラピストベーシックコース」の詳細はこちら!
痛み治療のプロフェッショナルを目指す方向けのコース!
「トリガーポイントセラピストアドバンスコース」の詳細はこちら!

そこまでして習得することが望まれる「トリガーポイント」、皆さんもっと詳しく知りたいですよね^^


そもそも、「トリガーポイント」とは何か?
慢性的に痛みがある方は、身体のあちこちに見られる硬いしこりを押すと響くような痛みを出すポイントがあることをご存じだと思います。トリガーポイントには診断基準がありますが、大まかに言うと、このしこりがトリガーポイントです。

「トリガー」というのは文字通り「引き金」という意味で、ピストルの引き金を引くと、弾が遠くまで飛ぶように、トリガーポイントを押すと痛みをそこから離れた部位で感じる事から名付けられています。これは神経の走行とは関係のない所で痛みを感じるため、「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれています。

トリガーポイントが起こすこの「関連痛」が、医療機関をはじめ、痛み医療に関わる方に知られていないため、痛む場所への治療に終始することとなり、長年痛みで苦しまれている方が多いことの背景となっています。


たけしの番組内では、テニスボールを使った肩こり&腰痛の改善方法が紹介されていました♪
長引く治らない症状も、トリガーポイントの知識があればみるみるうちに改善に導くことができるのです。お客様をリピーターに繋げ、現場で信頼を得られる整体師・セラピストになるには、必ず役に立つ知識だと私たちは考えています。

整体師で就職・転職をお考えの方、現役セラピストとして現場で働きながらもスキルアップを目指す方、是非トリガーポイントの技術を学んでみてはいかがでしょう?^^

「トリガーポイント」に初めて触れる方向けのコース!
「トリガーポイントセラピストベーシックコース」の詳細はこちら!
痛み治療のプロフェッショナルを目指す方向けのコース!
「トリガーポイントセラピストアドバンスコース」の詳細はこちら!


ウェルネス福岡は、随時本コースの受講を受け付けております。
興味のある方は、お気軽にお問合せください^^
お問合せ・資料請求はこちらから♪

夏の過ごし方

こんにちは。
ウェルネスのハマスです。
最近の楽しみはお仕事が終わってからのビールです
子どもたちは夏休みで帰省中でプチ一人暮らしなんですが一人ゆっくり呑むビールで1日の疲れを吹っ飛ばしてます
ビールの隣の梅干さま。
梅干しは熱中症防止にいいですよ
熱中症にならない為には汗で失われた塩分やミネラルを摂取することが必要です。それを摂取するためには塩分の吸収を助けるブドウ糖が 必要なんです  塩分とブドウ糖のふたつが一緒に摂取できる食品こそ梅干 なんです  さらに梅干に含まれるクエン酸、ポリフェノールなどの有効成分も補われ、熱中対策には持ってこいですよ
梅干さまありがと~。
ストレスと疲れをためず
明日からもがんばりましょう( ´ ▽ ` )ノ

IMG_0125

祝!!整体コース通信 第一号発刊(すこしおおげさ、笑)

こんにちわ
ウェルネスの田中です
7月から
整体コース卒業生を
対象に月一で勉強会を開いていくこととなりました。
それと並行して
担当講師が新聞を発刊します
今回はふくらはぎについて
とても興味深い話を書いています。

整体通信

線維筋痛症

こんばんは
ウェルネスの田中です
先週から線維筋痛症の患者さんが
来られています
この病気はとても思い症状が
身体中を襲う
深刻な病です
一般的にはあまり聞きなれない
病名なのでご存じない方も多いかもしれません
原因がわからない 激痛などでお悩みの方は
ぜひ一度下記をクリックして
ご一読ください。

線維筋痛症ウィキペディア

 

 

 

授業風景動画

こんばんは
ウェルネスの田中です
昼のトリガーポイントべーシックコースの
動画です
今日の授業では
全体調整の重要性について
お話しています
施術の始まりは
全体調整から始まります
2次的、3次的にできた
コリなどの解放や
施術のしやすい体つくりを
することが目的です
全体調整をせずに施術をするのは
準備運動をせずに試合に出るようなものなのです
たとえわかりにくっ(汗)

小胸筋が起こす腕のしびれ感、だるさ

こんにちはウェルネスの田中です
小胸筋の下に腕や手に行く血管、神経が通っています
小胸筋が緊張すると腕や手にしびれ感、だるさを出します
この症状は斜角筋が出す症状に似ていますが
小胸筋の場合はむくみ、こわばり感はありません
SCAN IMAGE

このような症状がある方は
小胸筋のトラブルがあるかもしれません

トリガーポイントベーシックコースはこちらをクリック

内臓機能低下

こんばんわ
ウェルネスの田中です
そろそろ夏がやってきます
すでに暑いですが
もっともっと暑くなりますよね
私は暑いの大嫌いです
整体やってても
汗がだらだらと流れてきます
暑いときは部屋を涼しくして
アイスクリームや冷たいビールと行きたいところですが
毎日このような生活を続けいていると
内臓が冷えきってしまいます
内臓機能が低下し代謝も悪くなります
内臓機能が低下すると対応する分節内
特に背骨側でスパズム(痙攣)が起きたりということになってきます
内臓機能が痛みを?
と思う方もおいいかもしれませんが
実は痛みと内臓は深く関わっています。
暑いからと冷たいものや、部屋をキンキンに冷やしていると
内臓が冷えて機能低下を起こしてしまうので
たまにはいいけど
極力
飲み物や食べ物は常温のものをとるようにした方がいいようですよ
とはいっても夏ですから
冷たいもの食べたいよねー